この夏購入した熱中症対策グッズ 話題のUSB扇風機も大活躍!

相変わらず、連日の猛暑ですね。

我が家も、平日の日中はほぼ家で過ごしていますが、さすがに夏休み中毎日家の中で過ごすのは子供たちも限界、、、

なので、先週は旦那の夏休み中にちょこっとお出かけしてきました。

今年は遠方への帰省は県をまたぐため自粛し、家族だけで車で1時間ほどのところにあるレジャーランドへお出かけしてきました。

今回は、そこで使用して便利だった熱中症対策グッズについてご紹介していきますね。

目次

こまめな水分補給が大切!保冷バッグにドリンクを入れて常備

我が家が遊びにいったのは、遊園地などのアトラクション、プール、アスレチックなどが一緒になったレジャーランドでした。

入場に際して、入場者全員がスタッフさんに入場前に各自検温してもらいます。

手指消毒はもちろんのこと、家族全員マスク必須です。(小さいお子さんでどうしてもマスクを嫌がる場合を除いてマスク必須と張り紙に記載されていました)

こういう取り組みはスタッフさんはもちろんですが、入場者も安心して楽しむことができますね。

入場してさっそく、こどもたちのリクエストで、まずはプールへ直行!

今年は、幼稚園の水遊びも中止になったので、広いプールで遊べてこどもたちも大喜びです。

でも、プールって意外に熱中症になりやすいらしいです。なので、子どもたちにはこまめに屋根つきのテーブルで休憩させて、水分をとらせるようにしました。

我が家がもっていったのは、保冷剤をいれることができるトートバッグです。このバッグの底面にあらかじめ冷凍庫で凍らせた保冷剤を敷いて、そこに前日から冷やした麦茶やミネラルウォーター、ポカリスエット、コーラ、紅茶などをいれてもっていきました。

ちなみに、パウチのアクエリアスやカルピスなどを前日に凍らせて保冷トートバッグにいれてもっていくと、現地で遊んでいる時にちょうどいい感じに溶けているのでおすすめです。

アイスとジュースの中間ぐらいの溶け具合のほどよい飲み心地が、喉をつめたーく潤してくれますよ👇

ちなみにレジャーランドやテーマパークのようにあちこち動き回るような遊び場所で飲み物を冷やすためなら、軽量の保冷トートバッグが便利ですよ。

今はスーパーなどでもレジ袋は有料になりましたし、これを機会に保冷トートバッグを1つ購入しておくのもいいですね。

ちなみに、保冷トートはドリンクを入れるとかなり重くなりますので、パパが持つことが多いと思います。デザインはシンプルなものを選んでおくとパパも違和感なく使用できますね👍

クーラーバッグ世界No.1ブランド「TITAN」正規代理店【SANCTUARY ONLINE STORE】

接触冷感マスクをためしてみた

コロナが最初に本格的に蔓延し始めた3月、4月にはマスクがいたるところで品薄で(というか品切れ状態)お店で見かけることもありませんでしたが、6月ごろからちらほらみかけるようになりました。

今ではパック入りの不織布マスクであれば、通常通り店頭に並ぶようになってきましたね。

我が家でも、コロナウィルス感染拡大してからは、外出の際は常に不織布マスクをつけるようにしていますし、特に旦那も毎日通勤電車に乗るので、必須です。

私は通勤電車に乗らないものの、日々の生活の中で、スーパーでの買い物や園に行く時は不織布マスクをつけていくようにしていました。

予防のためというより、万が一無症状感染者だった場合を考えて人に感染させない為にマスクをするという生活です。

7月になって暑い日が続くようになると、通常の不織布マスクをつけていると、たとえ短時間でも鼻の下が肌荒れして赤くなってしまうようになりました。

けれど、今は「マスクをつけて来店をお願いします」という張り紙のところも多いですし、マスクをつけないで外出は憚られます。

そこで購入したのは、持続冷感マスクです。

最初はどんなもんかなーと半信半疑で使ってみたのですが、これが予想以上に快適でした。

持続冷感マスクは猛暑の中、外で長時間つけていても、鼻の下が肌荒れもせず、何より暑苦しさがなく過ごすことができました。

今は様々なメーカーから豊富な種類のマスクが販売されていますので、それぞれのシーンに合わせて使い分けて快適なマスク生活を送りたいですね。

レジャーでもキッチンでも大活躍!USB扇風機

これは、この夏購入して一番よかったなとおもえるグッズはUSBミニ扇風機です。

もうすでにメジャーになりつつある、USBタイプのミニ扇風機ですが外出先でも気軽に使うことができました。

レジャーランドにももっていったのですが、フードコートは冷房が効いていないところもありますので、テーブルにおいてボタンを押せば涼しい風が出てきます。

また、レジャーランドはかなり歩くことになるので、途中ベンチで休憩する時にこのミニデスクファンが本当に涼しくてありがたかったです♪

真夏のレジャーでは、とにかくこのミニデスクファンが重宝します。

ちなみに、レジャーランドのフードコートでフライドポテトを頼んだのですが、揚げたてだったので子どもが「あつくて食べられないー」と言った時も、この冷ましたら、子どももすんなり食べてくれて、意外なところでも活躍してくれました(笑)

もともとは、夏のレジャー用に購入したUSBミニ扇風機ですが、オフィスで使用する人も多いと思います。風量音もそこまでうるさくないのでオフィスのデスクにおいて気軽に利用できて便利ですね。

ちなみに、我が家にはオフィスではないのですが、カウンターキッチンのところにこのUSBミニ扇風機をおいてみたら、とっても涼しくて快適です。

クーラーをつけていても、キッチンまでにエアコンの風が届かなくて、真夏の台所は本当に地獄ですからね。

ちなみに、朝、お弁当を作る時などにおかずを手早く冷ますのにも重宝します。炊き立てのご飯をお弁当に入れる前に冷ますのって時間かかりますが、このUSB扇風機を熱々ご飯の近くにおいておけばスピーディに冷ませて本当に便利~

今までは昭和っぽく、うちわであおいで冷ましていましたが、これからは、USBミニ扇風機でスピーディに冷ますのがが令和流ですね(笑)

もともとはレジャー用、外出用に買ったUSBミニ扇風機ですが、まさかキッチンでも活躍してくれるとは想定外のうれしい出来事でした。

まとめ

つい最近、夏休みにお出かけしてきたので、その時に役立った熱中症対策グッズをまとめました。

保冷トートはもともと家にあったのですが、今はいろんな種類があるようですね。スーパーのかごに直接セットできるタイプの保冷バッグもあるということなので、ネットで色々探してみるのもいいですね。

また、レジャーや外出用にと購入したUSB扇風機ですが、ためにしキッチンでも使ってみたら本当に重宝したので、購入して本当によかったです。

USBで充電するタイプなので、わずらわしいコードもないから、気軽に持ち運びできるので、外出先だけでなくオフィスや家の中など場所を選ばずに使えるのがうれしいですね。

猛暑が続くと、お出かけもおっくうになりがちですが、ミニ扇風機や保冷トートなどを賢く使いながら、少しでも楽しい夏の思い出ができますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる