『会社の電話恐怖症だった私が、電話で周囲から感謝されるまでの話』レビュー

仕事で、電話対応が苦手という方は多いですよね。


バタコが今まで会社勤めしてきたなかでも、電話での応対が不得手な方は少なくありませんでした。

そこで、今回は、Twitterで話題になり書籍化された

『会社の電話恐怖症だった私が、電話で周囲から感謝されるまでの話』をご紹介します。

電話が苦手なのを克服したい方、必見のお仕事コミックエッセイです。

内容に詳しく触れますので、ネタバレが嫌な方は、下記にてチェックしてみてくださいね。

目次

電話で相手の会社名を聞き取れない

『会社の電話恐怖症だった私が、電話で周囲から感謝されるまでのの主人公の新月ゆきさんは、オフィスの電話が鳴ると、心がざわついてしまいます。

それでも仕方なく電話を取るのですが、肝心の相手の会社名がうまく聞き取れません。

バタコ

これは電話苦手あるあるですよね。初めて聞く会社名や、
横文字は本当に聞き取るのが難しいです💦


ゆきさんは、相手の会社名と部署名を聞き取ることができないので、最初から電話に苦手意識をもってしまいます。会社名を聞き取れないことで、繋いだ部署の上司にもため息をつかれます。

なお、健康診断の聴力検査でゆきさんの耳は正常に聞こえていることは判明しています。

それだけに、会社名と部署名を聞き取ることができず、嫌になってしまい、とうとうある日、退職願いを出すのです、、、、!

電話が苦手すぎて会社を辞める!?

電話のやりとりが辛くなったゆきさんは、思い詰めてしまい、室長に退職願いを出します。

けれど、室長は退職願いを受理はしません。


電話が苦手なゆきさんのために、枝豆さんというから指導を受けるように配慮してくれます。

枝豆さんという女性はとても電話対応の上手な女性です。

滑らかな口調で、ハキハキと電話で話す枝豆さんを尊敬すると同時に、ゆきさんはうちのめされてしまいます。


そんなゆきさんに、枝豆さんは会社名が聞き取れないなら、聞き返せばよいと伝えます。

さらに、電話で話すときに笑顔を心がけることをアドバイスされます。

バタコ

私も勤務先で電話研修を受けたことがあるのですが、笑顔で話すと、自然と声のトーンも上がるのでお客様にも良い印象になります👍

ゆきさんの電話対応やいかに、、

相変わらず電話が鳴る音が怖いゆきさんですが、ある日、勇気をもって、会社名を聞き直すことができました。

そして、その電話を以前ため息をつかれた上司に繋いだところ、今度は笑顔で「ありがとう」と感謝されたのです。

自信をもったゆきさんは、会社名をきちんと聞けたことで、その後もスムーズに電話対応できるように自ら工夫するようになります。

電話も苦手だけどプレゼンも苦手!

周囲のサポートもあり、電話恐怖症を克服したゆきさん。今度はプレゼンという大役を引き受けることになります。

しかし、ゆきさんは電話もそうですが、人前で話すのも苦手なのです、、、

そこで、とったゆきさんのある秘策とは!?

続きはぜひ本編でお読みくださいね!

『会社の電話恐怖症だった私が、電話で周囲から感謝されるまでの話』を読んだ感想

『会社の電話恐怖症だった私が、電話で周囲から感謝されるまでの話』

について詳しくご紹介しました。


電話の受け答えが不得手な方は、一定数いますよね。バタコが独身の頃働いていた会社でも、同僚で電話対応が苦手という女性がいました。

彼女は事務の派遣スタッフで入社したのですが、そのうち仕事のスキルや真摯な姿勢が認められ、社員になったのです。

社員ということもあり、事務だけの部署から、電話対応も任される部署に異動になりました。

けれど、電話対応が元々苦手だった為、だんだん、電話を取ることをストレスに感じるようになり、彼女は結局それを理由に退職してしまったのです。

このコミックエッセイで出てくるゆきさんも、そして上記のバタコにいた同僚も、とても仕事ができる優秀な方です。

けれど、電話が苦手というだけで、せっかくのチャンスを失ってしまうのは非常にもったいないですよね。

このコミックエッセイは、電話応対が苦手な方に、丁寧にアドバイスしてくれるので、

電話恐怖症の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる